FREE SHIPPING ON ORDERS OVER 300€

Porcelain crafted in Manifattura Ginori - Italy

Reborn Project

2023年12月6日から10日までの期間、GINORI 1735はデザイン・マイアミ/マイアミビーチで、フレデリック・シャンブルが企画・キュレーションするREBORN PROJECTの第4回目を初めて開催します。
REBORN PROJECTは、GINORI ARTE(ジノリ アルテ)の一環として展開され、国際的なアーティストやデザイナーを招き、GINORI 1735の白磁のテーブルウェアやアイコニックなオブジェを、他に類を見ないユニークなアートやデザインに生まれ変わらせるというものです。
パリ、ミラノ、ロンドンでの開催に続き、マイアミ・ビーチはREBORN PROJECT第4章の理想的な舞台となりました。イベント期間中、デザイン愛好家やコレクターは、フレデリック・シャンブル氏によって選ばれた10人の国際的アーティストの特別な作品を、GINORI ARTE専用スペースで鑑賞いただけます。
これらの注目すべきアート作品は、それぞれのアーティストの個性を表現し、GINORI 1735の美的ビジョンを描きながら、そのサヴォアフェールを示しています。REBORNプロジェクトは、イタリアの職人技にオマージュを捧げるとともに、革新性と現代性を追求するブランドの影響力を目の当たりにすることができるという絶好の機会です。
すべてハンドメイドで製作されたこれらの作品には、作家のサインとジノリの鑑定書が添えられています。

「GINORI 1735は常に、美しさ、独自性、ノウハウの代名詞であると同時に、未来を想像する創造的で大胆な能力の代名詞でもあります。だからこそ私たちは、フレデリック・シャンブルとのコラボレーションにより2021年に日の目を見たGinori Arte Projectを固く信じているのです。Rebornプロジェクトを通じて、私たちは、私たちの製品を並外れた感性と創造性で新たな解釈を加える国際的な活躍が目覚ましい才能を持つアーティストを巻き込み、芸術表現の新しい形を探求し、再発見する機会を得ました。彼らとジノリの職人たちの才能の融合により、これらのユニークな芸術作品は、私たちの卓越性と革新性の伝統を永続させることができるのです。」
Alain Prost, President & CEO of GINORI 1735

 

CSLB / collection ‘Sillons’

デザイナーのキャロリーヌ・サルコジとローラン・ブルゴワは、幾何学的なデザインに無限のラインをあしらった48ピースのテーブルウェアを提案。ランプと磁器製のゲリドン(小さいテーブル)でコレクションが完成。

 

Vincent Darré / collection ‘Zodiaque’

装飾家、家具・舞台デザイナー、画家であるヴァンサン・ダレは、12星座にインスパイアされた夢のようなデザインのテーブルウェアを創作した。ジノリ1735の職人たちの技術を駆使して開発された、黒と強烈な色彩の組み合わせは、まさにクリエイティブな挑戦でした。ランプと2つの磁器製ゲリドン(小さなテーブル)でコレクションが完成した。

Festen / collection ‘Linneaus’

インテリアデザインのデュオ、シャルロット・ド・トナックとユーゴ・サウザイによるテーブルサービスは、現代的なスタイルの中に自然主義的なミニマリズムを表現している。貝殻からインスピレーションを得て、新しいフォルムとダークなモチーフを生み出した独創的なスタイル。ランプと2つの磁器製ゲリドン(小さいテーブル)でコレクションが完成した。

 

Jacques Grange / collection ‘Spin painting’

インテリア・デザイナー ジャック・グランジュは、12人用のユニークなテーブルウェア、ランプ、磁器のゲリドンに、鮮やかな色彩と動きのあるラインを抽象的に重ね合わせている。

Studio KO / collection ‘Les tauraux’

建築家オリヴィエ・マーティとカール・フルニエは、人類の歴史における芸術の誕生を想起させる黒い背景のデザインを創作した。それぞれのデザインは、特殊な色除去技術により、対照的に見える。また、2人の建築家は、アメリカの美術家ソル・ルウィットにオマージュを捧げた2つのゲリドンをデザインしました。

 

India Mahdavi / collection ‘Bruto’

インディア・マフダヴィはポップなスタイルで、ブラッシュ仕上げのテクスチャーと大胆な色合いのテーブルサービスをデザインした。ランプと2つの磁器製ゲリドンでコレクションが完成。

Pierre Passebon / collection ‘Gold rush’

アメリカ文化へのオマージュとして、ギャラリストでアーティストのピエール・パスボンは、テーブルランプや磁器のゲリドンだけでなく、食器にも金色の装飾をあしらった。

 

Isabelle Stanislas / collection ‘Empreinte’

建築家でありインテリアデザイナーでもあるイザベル・スタニスラスがデザインしたテーブルサービスセットには、手描きの黒いラインにクリエイティブの力が表れている。ランプと2つの磁器製ゲリドンでコレクションが完成。

Cathy Vedovi / collection ‘Miami’

アーティストが特に思い入れのあるマイアミのアイコニックなモチーフからインスピレーションを得て、熱帯の野生動物の鮮やかな色彩に呼応するテーブルウェアをデザインした。

 

Charles Zana / collection ‘Simbolo’

建築家でありインテリアデザイナーでもあるシャルル・ザナは、ジノリ1735のテーブルウェアアイテム上に独創的な技法と色彩をミックスさせた。ランプと2つの磁器製ゲリドンによりコレクションが完成。